アミアンインターナショナル

貴社の売り上げアップをとことん支援します。オンラインショップ専門コンサルタント

ツイッター

Twitterでのツイートまとめ 2011-09-29 の分

投稿日:

  • blog更新 Twitterでのツイートまとめ 2011-09-28 の分 – twitterでのツイート 2011-09-27 http://t.co/3Boo9sn8 # 「○○であるべき」論は窮屈だ。「○○でありたい」論を唱え… http://t.co/tI3VA8UT #
  • twitterでのツイート 2011-09-28 http://t.co/9p1jKwg1 #
  • 今どき「死ぬ気でやれよ、死なないから」なんて言っている人は、過労死という言葉を聞いたことさえ無いんだろうな #
  • おはようございます。
    今日9月29日は招き猫の日です。
    招き猫が福を招くといわれていることから、9月29日の「929」を「来る福」と読んで、日本招猫倶楽部が制定しました。
    今日はお金がザックザクかな? #
  • 「社員は〜であるべき」から「〜であって欲しい」と視点をずらすだけで随分リーダーは違ってくる。リーダーたる物、部下の未熟さを嘆く前に成長の途を指し示せ #
  • 役に立つ防災グッズ: 970円で車内から脱出!冠水や車両事故・水没事故でドアが開かない緊急事態に、一台に1つ!ベルトカッターでシートベルトを切断、ハンマーで窓を割って避難できる緊急脱出ハンマー! http://t.co/g0mmzwm1 #
  • 賢者は愚者からも学ぶ。愚者は賢者からも学ばず #
  • 役に立つ防災グッズ: 被災地の方々の栄養バランスをサポートする目的で生まれたカロリーメイトロングライフ。チョコ味で保存期間約3年!他の保存食と比べても省スペースで保管が可能。水を通さないアルミ包装で水害発生時も安心。 http://t.co/3hIR7LkP #
  • ワーキングプアを解消すれば消費が回復するという意見には私は否定的。将来が不安である限り、消費せず貯蓄に走るのが普通ではないか #
  • 役に立つ防災グッズ: おしている間しかつかない物と違って大好評!点灯・点滅・消灯の便利さで189 円☆ソーラー充電式小型LEDライト。6色から選べるのも嬉しい♪ http://t.co/VzVXFtqS #
  • 相手に合わせるのではなく、自分の都合に相手を合わさせるのが外交 #
  • 「経営者とは 一歩先を照らし 二歩先を語り 三歩先を見つめるものだ」藤沢武夫 #
  • 役に立つ防災グッズ: 使い方無限大の万能シェラフ。従来のシェラフより厚手で、抜群の寝心地。部分的に開放できるWファスナーなど機能も多彩。アウトドア、防災対策と使い方はあなた次第の1980円。 http://t.co/eSomwx3A #

-ツイッター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Twitterでのツイートまとめ 2012-08-05 の分

ブログ投稿した Twitterでのツイートまとめ 2012-08-04 の分 – ブログ投稿した Twitterでのツイートまとめ 2012-08-03 の分 ブログ投稿した Twitte …

no image

Twitterでのツイートまとめ 2012-06-10 の分

おはようございます。 今日6月10日は路面電車の日です。 路(6)と、電が英語のテン(10)に近いからだとか。 かなり苦しい語呂合わせですね(笑) http://t.co/HEJqT2gD # おはよ …

no image

Twitterでのツイートまとめ 2012-08-12 の分

おはようございます。 今日8月12日は航空安全の日です。 1985年の日本航空123便墜落事故に由来するとか。 最近はLCCがブームだけど、安全第一で運営してもらいたいですね。 http://t.co …

no image

Twitterでのツイートまとめ 2011-08-01 の分

twitterでのツイート 2011-07-31 http://ow.ly/1e2qI9 # おはようございます。今日から8月ですね。気持ちも新たに頑張りましょう! http://instagr.am …

no image

Twitterでのツイートまとめ 2011-12-21 の分

twitterでのツイート 2011-12-20 http://t.co/PGN42Dxs # おはようございます。 今日12月21日はクロスワードの日です。 1913年に『ニューヨーク・ワールド』紙 …