アミアンインターナショナル

貴社の売り上げアップをとことん支援します。オンラインショップ専門コンサルタント

DM クラウド 新着情報

amazon SESはメールマガジン配信の切り札になるのか?

投稿日:

メールマーケティングの効果に対しては最近は以前ほどの期待ができないものの、プッシュ型メディアとしてネットショップとしては無視できないのも事実である。

こうした中、昨日amazonから画期的な発表があった。

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) (beta)

アマゾンAWS

アマゾンAWS

果たしてamazon SESはメールマガジン配信の切り札になるのだろうか?

amazon SESとは何か

amazon SESは、amazonが展開するクラウドサービス上で大量のメール配信を可能にするものである。

amazon自身が年間10億通以上のメール配信を行なっており、このインフラを利用してサービスを提供する。

そのため安定度、スパム対策などが期待される。

アマゾンの説明によれば、スパム対策のため契約当初の配信速度には制限があるものの、数週間のちには90メール/秒、百万メール/日まで可能になるとのこと。

これだけの配信スピードがあれば、通常のネットショップにおいては十分なスペックと言えるだろう。

メール配信の現状

現在のネットショップにおいては、既存客や見込客に対して定期的にメールマガジンを配信することが大きな販促手段として確立している。

しかし自社保有のメールサーバーから配信することは、サーバーの負荷やスパム判定などの面で大きなマイナスとなり、現実的ではない。

そのため、メール配信ASPを利用するのが普通である。

そしてASPにかかる費用は月間1万円以上と、少なからぬ負担となっている。

こうしたことから、費用を低減させることはネットショップにとって悲願であった。

amazon SESのコスト予測

実際にamazon SESを利用すると、いくら掛かるのだろうか?

10万人に対して20kBのメールマガジンを、月間5回メールマガジンを配信したとして計算してみた。

送信数:50万通 ⇒ $49.8
月間転送データ量:10GB ⇒ 1.5$


合計:$51.3

1$=82円として計算すると、4,207円となる。

これは今までASPに支払ってきた金額の半額以下である。

amazon SESの導入について

ただしAPIを利用して一般のネットショップが利用するのは難しいと思われる。

amazon SESを利用したメール配信システムが開発されてから導入するのが、現実的ではないだろうか。

-DM, クラウド, 新着情報
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

コンテンツ

説明文の加筆 ⇒ トップページの作り込み6

コンテンツを増やす コンテンツを加える。 600px幅で表示。 <div id=”amiens-05″ class=”amiens-black”> <div class=”amien …

バッジ

バッジの表示 ⇒ トップページの作り込み10

fontawsomeでお手軽バッジ バッジを使うことは意外と多い。 特にネットショップの場合はランキングを表示することがほとんどで、その順位を表すのにバッジがよく使われる。 今までは画像でバッジを作っ …

ロゴを表示する

レスポンシブ対応のロゴを表示する ⇒ STINGER8設定その11

ロゴを表示する STINGER8にして、アミアンインターナショナルのロゴが表示されなくなった。 これは少々まずい。 そこで、背景画像として表示させるようにした。 スマートフォン スマートフォンでは、現 …

WorldCard Mobile

WorldCard Mobileを入れた

名刺管理ソフトWorldCard Mobile 前々から気になっていたiPhoneアプリ「WorldCard Mobile」を導入してみた。 無料バージョンで試してみると、実に認識力が高い。 価格は1 …

レスポンシブ対応

メニューとフッターのレスポンシブ対応css装飾 ⇒ STINGER8設定その12

見出しと同じイメージを使う H2タグの装飾とイメージを同じにするため、メインメニューとフッターの背景画像を設定する。 H2タグを修飾 ⇒ STINGER8設定その9 最初は単純に背景画像を設定するだけ …