アミアンインターナショナル

貴社の売り上げアップをとことん支援します。オンラインショップ専門コンサルタント

mac 新着情報

MacBook Pro with Retina Displayを設定した3日の戦い

投稿日:

MacBook Pro with Retina Display

MacBook Pro with Retina Display

MacBook Pro with Retina Displayを購入した。

macでは実に4年ぶりとなるリプレイスで、今回初めてtimemachineでの環境移行にもチャレンジすることになった。

これまでMacBook Airの初代機を愛用してきていたのだが、いかんせん非力さが目立つようになり、重い処理には全く向かないため、パワフルなMacBook Pro with Retina Displayに移行する決意をした。

MacBook Pro with Retina Displayを買うべきこれだけの理由

環境の復元

まずはMacBook Airに外付けHDDを接続して、バックアップを取った。

いままでtimemachineは使ってこなかったので、初めての体験。

TVで録画するのに使っていた250GBの古いHDDが余っていたので、それを流用。

USBで接続して、フォーマット。

timemachineに認識させてバックアップ開始し、一晩寝かしておいた。

MacBook Airは80GBしかないので、問題なく終了していた。
Mac ハンドブック:Time Machine

次にMacBook Pro with Retina Displayの初期セットアップ。

途中スペースバーで決定、という動作が分からなくて焦ったりしたのはナイショ(笑)

環境移行するか聞いてきたので、timemachineを指定して、HDDをUSBで接続した。

これだけで環境移行が進んでしまうのに、感動した。

Windowsだと、新しいPCを買ってくるたびに使える環境に設定するだけで丸一日かかっていたのだが、macだと実質的に手を煩わせること無く時間が経過するだけで環境移行が完了してしまうのだね。

会社で使う時も、一通りの設定をしてあるtimemachineから移行するようにしておけば、どのmacも同じ設定で始められる、ということだ。

これは管理者としては、かなり嬉しい。

WindowsだとOSのバージョンが同じならいろんなツールも使えるけど、XPから7みたいな感じになると、かなり面倒だから。

まあうちは他に誰もmacを使っていないので意味ないのだけどね。

ともあれ前のMacBook Airと同じ状態になったMacBook Pro with Retina Displayができあがった。

微調整が必要だった

少し触ってみると、完全に環境が移行したわけでは無いようだ。

例えばatokは設定されておらず、システム環境設定からatokを有効化してやる必要があった。

ただatokはパスポートを使っているので、ログインをするだけで辞書や設定などが同期される。

これも非常に便利だ。

それからMacBook Airではdolipoを使っていたのだが、これは使えなかった。

どうやらMacBook AirはLeopardだったが、MacBook Pro with Retina DisplayはLionなので、dolipo2を使わないといけないようだ。

これをダウンロードして、設定する。

お金をかけずMacのネット環境を3倍高速化!騙されたと思ってdolipoとGooglePublicDNSを導入しよう(Lionも対応) * 男子ハック

こうしたLionになったから使えなくなった、というアプリがいくつかあった。

たとえばApp CleanerはLionでは最新バージョンが使えるので、これを更新した。
AppCleaner (Mac) – ダウンロード

 

 

 

 

同様にOnyxなどもダウンロード。

OnyX (Mac) – ダウンロード

 

 

 

 

あれこれ作業をして、元の環境になった。

新しくアプリを導入

まずはEvernoteをインストール。

Mac App Store – Evernote

 

 

 

 

 

MacBook AirではHDDの容量不足で泣く泣く削除していたのだが、256MBのSSDなので問題なくインストールできる。

次にParallelsをインストール。
【ラネクシーオンラインショップ】 – Parallels Desktop 7 for Mac 特別優待ダウンロード版 –

 

 

 

 

 

 

どうしてもWindowsじゃないといけない!というシーンがあるので、これは入れようと思っていたのだ。

試用期間があるのが嬉しい。

virtual boxもインストール。

Oracle VM VirtualBox

 

 

 

 

 

 

 

こちらは無料なのが魅力。

どちらが使いやすいか、しばらく使い比べてみる。

そんなこんなで、ようやく仕事ができる環境になった。

-mac, 新着情報
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

HDMIケーブル

HDMIケーブルにて価格破壊を考える

11月の話で恐縮だが、テレビを買った。 ご多分に漏れず、エコポイントを意識して駆け込みで購入したのだ。 ところが、その時点でテレビの納期が1ヶ月先とのこと。 そりゃあないでしょ! という気持ちになった …

ファストエバー

iPhoneの神アプリをおすすめ【2】FastEver

私のiPhoneのホーム画面1画面目に鎮座する神アプリを紹介するシリーズ。 1画面目のヘビーに使い込んでいるiPhoneアプリ 第2回目は、FastEverを紹介する。 FastEver 230円 f …

中小機構セミナー

高松でセミナー講師として8月7日登壇します

下記要領で開催されるセミナーの講師として、登壇することとなりました。 GMOメイクショップ株式会社代表取締役社長の向畑憲良様と一緒にお話しさせていただきます。 今回はまだネットショップをオープンしてい …

iPhone OS 4の「iAd」はモバイル広告を変えるか?

Amplify’d from ascii.jp AppleのiAd広告配信、電通が日本で展開へ iPhone OS 4の「iAd」はモバイル広告を変えるか? アップルが2010年初頭、モバイル広告の米 …

iphone4s

たった10秒でiPhoneで電話ができないトラブルを解決する方法

iPhone4Sにしてから、実に快適。かつ写真はキレイだしiCloudは便利だし、言うことない! と思っていたら、iOS5.0.1にアップグレードした際に電話の発信も着信も不可能になるというトラブルが …