アミアンインターナショナル

貴社の売り上げアップをとことん支援します。オンラインショップ専門コンサルタント

新着情報

Siriちゃんで話題沸騰のiOS5.1の本当のキモはバッテリーの長寿命化だった

投稿日:

iOSが5.1にアップデートされたのが3月8日。

それからというもの、iPhone4Sユーザーの間ではもっぱらSiriの日本語化の話題で持ちきりだった。

今まで英語、フランス語、ドイツ語でしか使えなかったSiriが日本語でも使えるようになったことは画期的。

さっそく俺も

「どこから来たの?」

「愛してるよ」

などの定番?を試して大笑いしてみた。

なかなか認識率も高く、日本語入力システムとしても実用レベルだと感じた。

iphone4s

iphone4s

iOS5になってからバッテリーが異常に消耗していた

しかし一番のポイントは、バッテリー問題が解決したことだと言える。

iOS5にアップデートされて問題だったのが、異常にバッテリー消費が早くなる点だった。

この問題はappleも認識していて、すぐにバッテリー問題に対応したiOS5.0.1をリリースしてきたのだが、俺の環境では全くというほど改善されなかった。

iOS5.0.1になってバッテリーの持ちがよくなったかと思ったが、寝る前に100%にして朝見たら43%だった

http://bit.ly/zXYqFf

SiriをONにしていたのでOFFにするとか機内モードにして寝るとか、いろいろ試したが、結局は

iOS5.0.1にしてバッテリーが異常に減る件、昨晩100%にして寝て朝見たら78%だった。 機内モードにしていたのに減りすぎでしょ。 電話周りのトラブルではないらしい。

http://bit.ly/z519pc

70%台までしか維持できない状況が続いていた。

携帯電話という意味からするとバッテリーがすぐに無くなるのは致命的。

これでは怖くて充電器無しに外出なんてできないよね。

結局は対策としてモバイルバッテリーを2個持ち歩く、という力業でしのいできた。

このバッテリーは小型で容量も大きく、便利でお勧め。

でも重量はそこそこあるので、さすがに2個持つと重い…。

接続ケーブルも持ち運ばないといけないので、かさばるのも難点。

iOS5.1でバッテリーの消費量が劇的に改善

そして今回のiOSのアップデートである。

これにより、バッテリー問題はほぼ解消したといってもいいレベルになった。

なんと、一晩経っても

96%!!

にしか減らなくなったのだ。

もちろんSiriはONのままだし、機内モードにしたりなどの節電対策は一切取っていない。

これなら十分に実用的なレベルだ。

今後の期待

ただバッテリーに関しては、理想的とは言えない。

例えばいちいちケーブル接続しなくても充電できるようにQiに対応するとか、待ち受け時間が100時間くらいになるとか、ガラケーにできてiPhoneではできないことがまだまだある。

appleには、さらなる改善に努力してもらいたいものだ。

-新着情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Evernote

Evernoteのノートがどんどん複製されて容量が圧迫される現象が発生した

Evernoteをガシガシと使い倒している俺。 仕事においてもプライベートでも、今や無くてはならない物となっている。 Evernote 5.2.3(無料) カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ 現 …

ツイッター鯨

twitterは死んだのか?

ツイッター大丈夫? 友人と話をしている際に、「最近ツイッターが元気が無いのではないか?」という意見が出た。 どうやら、最近はフォロワー数の伸びに以前のような勢いが感じられないらしい。 また別の友人の意 …

ツイッターvsフェイスブック

facebookにtwitterを連動させることは禁じ手なのか?

最近爆発的に普及してきたソーシャルメディア。 私もfacebook、twitter、mixi、GREE、myspaceなど、いろいろなSNSを利用している。 しかしそれぞれのSNSで個別に発言していく …

HDMIケーブル

HDMIケーブルにて価格破壊を考える

11月の話で恐縮だが、テレビを買った。 ご多分に漏れず、エコポイントを意識して駆け込みで購入したのだ。 ところが、その時点でテレビの納期が1ヶ月先とのこと。 そりゃあないでしょ! という気持ちになった …

アマゾンAWS

amazon SESはメールマガジン配信の切り札になるのか?

amazon SESは、amazonが展開するクラウドサービス上で大量のメール配信を可能にするものである。

amazon自身が年間10億通以上のメール配信を行なっており、このインフラを利用してサービスを提供する。

そのため安定度、スパム対策などが期待される。

アマゾンの説明によれば、スパム対策のため契約当初の配信速度には制限があるものの、数週間のちには90メール/秒、百万メール/日まで可能になるとのこと。

これだけの配信スピードがあれば、通常のネットショップにおいては十分なスペックと言えるだろう。