アミアンインターナショナル

貴社の売り上げアップをとことん支援します。オンラインショップ専門コンサルタント

iPad iPhone LAN OS 新着情報

iPhoneはテザリング「される側」にはなれない

投稿日:

iPhoneとiPadの2台持ちした時の悩み

iPad miniを購入してからというもの、今までガシガシと酷使してきたiPhoneをとんと使わなくなった。

だって老眼にはあの画面サイズは小さすぎるから(汗;)

ただやはり手のひらサイズの取り回しのしやすさは、iPhoneの方が遙かに勝っている。

いくらiPad miniのサイズが小さいとはいえ、片手でしっかりホールドするには幅がありすぎる。

またポケットに入らないので、気軽に持ち運ぶには厳しい。

iPhoneはwifi運用して通信料を節約している

ところで、iPad miniを購入してからはiPhoneはwifi運用している。

これは

設定→モバイルデータ通信

をオフにして使うと言うことである。

このメリットは、SoftBankとの契約が「パケットし放題 for 4G LTE」であれば、パケット通信がゼロなためにコストが最低の2,000円に収まると言うことである。

通常は「パケットし放題フラット for 4G LTE」の場合が多いだろうが、この契約だと月額5,200 円かかってしまう。

その差3,200円が、メリットとなっている。

その代償として、常時インターネット接続ができないというデメリットがある。

インターネット接続するためには、wifi接続エリアに入るかiPad miniのテザリングを利用しなければならなくなる。

wifiでのテザリングはスタンバイで切断される

ここで問題なのは、wifiで接続するとテザリングでインターネット接続してもiPhoneがスリープしてしまうと切断されてしまうことだ。

例えば

  1. iPhoneをテザリングでインターネットに接続する
  2. インターネットを使う
  3. いったんロック画面にするなどしてインターネットを使わなくなる
  4. するとテザリングが解除される
  5. 再度インターネットを利用しようとすると、iPad miniの設定から「インターネット共有」を「ON→OFF→ON」する

という面倒な手順が必要となるのだ。

これでは非常に使い勝手が下がってしまう。

Bluetoothで接続できないか

そこで思いついたのが、Bluetoothで接続できないかということである。

ちょうどBluetoothで接続すると節電になるという記事を読んだこともある。

そこで、今までwifi接続していたのをやめてbluetooth接続に切り替えようと考えたのだ。

さらにbluetooth接続するとwifiで面倒だった「スリープすると切断される」問題がなくなるらしいことも、このチャレンジを後押しした。

bluetoothで相手が見えない

ところが、である。

bluetoothをONにしても、iPhoneからもiPad miniからも相手が見えない。

テザリングで接続するどころか、bluetoothでの機器認証すらできない状態なのだ。

他の機器、例えば別のiPadやbluetoothキーボードなどは問題なくペアリングできるので、bluetoothの不具合ではなさそうだ。

念のため再起動やネットワーク接続のリセットも試してみたが、効果無し。

さっそく暗礁に乗り上げてしまった。

そこでiPhoneを購入した店舗に行って相談してみた。

担当者も2時間ほどあれこれチャレンジしてくれたのだが、iPhone初期化までしても接続できなかった。

結局のところ結論は

「iPhoneの不具合。機器交換。費用27000円!」

という診断だった。

orz

ところが、である。

試しにその担当者のiPhoneでbluetooth接続できるか試してみると、なんとこちらのiPhoneでも相手が見えないではないか!

どうやらiPhoneの不具合ではなさそうだ。

iPhoneのプロファイルの問題らしい

その後ネット上でいろいろ検索して、ようやくそれらしい原因を見つけることができた。

iPhoneまさかの非対応であった・・・。

なんということか(絶句)

初代iPadはもちろん、iPod Touchでさえ対応しているというのに・・・。

ありえん・・・。

将来的に対応するのか?

結局諦めるしかなかったのだが、ここで将来的に対応するのか考えてみた。

iPhoneだけが対応していない理由として下記のことが考えられる。

  1. マーケティング上の問題
  2. 技術的な問題。
  3. 単純に対応するのを忘れているだけ

1のマーケティング上の理由は、あまり考えたくはないが一番ありそうな理由だ。

iPhoneでこの便利なbluetooth接続ができてしまうと俺のように通信料を節約しようとする人間が続出し、キャリアが儲からなくなる。

これを嫌ったキャリアがAppleに圧力をかけて、iPhoneだけ非対応にしているというものだ。

う〜ん、ありえる。

2の技術的な理由は一番なさそうだ。

iPadで実現していることがiPhoneだけ実装できない、などということはありえないだろう。

3の問題は・・・(笑)

しかしiPhoneのbluetoothテザリングは、そろそろ解禁してもいいのではないだろうか。

ぜひ対応してもらいたいものである。

-iPad, iPhone, LAN, OS, 新着情報
-, , , ,

執筆者:

関連記事

H2タグ

H2タグを修飾 ⇒ STINGER8設定その9

H2タグの設定 サイドバーのデザイン設定はひとまず終えたので、コンテンツエリアの設定を始める。 まず気になっていたのが、H2のバランスが悪いことだ。 STINGER8のデフォルトでは、上下にsolid …

Tポイントは衰退していくのか?

蔦屋書店でカードが使えない!? Tポイントは衰退していくのか?

蔦屋書店でクレジットカードもモバイルTカードも使えない 先日、高知蔦屋書店でランチを食べたのだが、その時に気になったのが支払いにカードが使えないことだ。 高知蔦屋書店 ⇒ 広い店内に多数のテナント 高 …

ランディングページ

ランディングページを作り込むテクニック ⇒ カスタマイズの手順と方法を順番に解説

ランディングページとは ランディングページは、ネットショップの生命線とも言えるものだ。 ランディングページとは、「様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるする、サイトを含むWEBページ全般 …

AppleTV

AppleTVのアップデートでトラブルにはまった話

巷はiPhone5s、5cの発売とiOS7の話で持ちきりであるが、Appleは地味にAppleTVのアップデートも行った。 さっそくアップデートしたのだが、ここで意外なトラブルに巻き込まれた。 インス …

before

カテゴリーのデザイン-サイドバーメニューの成形(3) ⇒ STINGER8設定その5

カテゴリーが長すぎる サイドバーのカテゴリーだが、項目数が多すぎて縦にやたら長くなってしまう。 そこで、第一階層をリストにして第二階層はボタンにして並べることにした。 まず、第二階層をボタン化 .ca …