AppleTVのアップデートでトラブルにはまった話

巷はiPhone5s、5cの発売とiOS7の話で持ちきりであるが、Appleは地味にAppleTVのアップデートも行った。
さっそくアップデートしたのだが、ここで意外なトラブルに巻き込まれた。
インストールできないのだ。

AppleTVにトラブル発生

いつものアップデート同様に、画面を見ながら
設定>一般>ソフトウェア・アップデート
からアップデートを開始。

はじめは順調にアップデートしているように見えた。
少しダウンロードやインストールが遅いかな、くらいで思っていたのだが・・・

突然正面のインジケータランプが激しく点滅をはじめ、TVにはなにやら表示が出た。
どうやら、AppleTVをiTunesに接続しろ、ということらしい。
リモコンを色々操作してみるが、全く反応がない。

macのiTunesからアップデートする

仕方ない、macを持ち出して接続してみることにした。

ところでAppleTVをiTunesに接続するにはmicroUSBケーブルで接続する必要がある。
幸いなことに手持ちの中にmicroUSBケーブルがあったので、それを使うことにした。

AppleTVのmicroUSBコネクタはHDMIコネクタの下にあるのだが、HDMIケーブルと干渉するので一旦HDMIケーブルを抜いてmicroUSBケーブルを刺さなければならなかった。
macとAppleTVをmicroUSBケーブルで接続すると、iTunesに
「このAppleTVはリカバリする必要があります」
と表示された。

どうやら工場出荷状態に戻さないといけないらしい(汗;)
まあ、最新バージョンのインストールをした状態になるようだから仕方ないか。

表示に従ってダウンロード、インストールを行った。
AppleTVインストール

無事に復帰

インストールは数分で完了したのだが、そのままmicroUSBケーブルを抜いてHDMIケーブルを刺しても相変わらずAppleTVをiTunesに接続しろ、という画像が表示されている。

仕方ないので電源ケーブルを一度抜いて刺し直してみた。

ようやく復旧。
初期化されているので、AppleIDなどを再入力する必要があった。
またダウンロード済みのコンテンツは無くなっていたので、再度ダウンロードする必要があった。

今回のアップデート

このアップデートで「iTunes in the Cloud」からコンテンツを再生する機能、テレビで楽曲を直接購入できるようにする「iTunes Music Store」が追加された。
時々コンテンツを買っている身からすると、地味に便利かも知れない。

AppleTVは便利だが、iPhoneに比べて本当に地味な機器だ。(笑)


【2013年9月23日追記】
やはりこのアップデートは取り消されたらしい。
コンテンツが消失するのは大問題だものね。