ネットショップ応援団/アミアンインターナショナル

ネットショップの売り上げアップをとことん支援します。高知県のオンラインショップ専門のコンサルタント

ブログの書き方

ブログを書く時の適切な文字数は何文字か

| 0 comments

ブログの書き方

「ブログを書く時の適切な文字数は何文字ですか?」

勉強会で質問され、思わず詰まってしまった。

 

一般的には400字詰め原稿用紙で何枚、と言う言い方をするので、それからすると800文字とか1200文字などの400の倍数が適切と言うことなのかも知れない。

で、ググってみるとこんな感じ。

今回集計させて頂いた内、TOP5に当たるblogさんの平均を取ると1374字となりました。 (中略) ということで集計結果から私が推測することは「最低でも1000字以上は必要だが、長すぎてもいけない」ということじゃないかと思います。

http://jp.blogs.com/2010/01/amount-of-letter.html

 

SEO的には、文字数は関係ないらしい。

検索に対してサイトを最適化するというのは、ページの文字数を数えるということではありません。役に立つ便利なコンテンツを確実に作って、そのコンテンツに検索エンジンがアクセスできるようにすることです。 言い換えると、すべてがすばらしくて、記事がたった200ワードだという点を除けば上位表示しただろうなんていうサイトは今までに見たことがありません。アルゴリズムはそんなことを見てないということです。あなたのサイトの順位がよくないとしたら、間違いなく別のところに原因があります。

http://www.suzukikenichi.com/blog/the-number-of-words-never-matters/

 

個人的には

「書きたいだけ書く」

というのでいいのではないかと思っている。

 

文字数よりも、書きたいことを書けていることが大切。

文字数を気にして伝わらない文章になっては、本末転倒。

また無理に文字数を増やしても、読む方は迷惑なだけ。

 

文字数を気にせず、むしろ「序破急」とか「起承転結」といった文章構造を気にした方がいいのではないだろうか。

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

Author: amiensjp

ネットショップ応援団。 ​​2007年よりネットショップに特化したコンサルティング事業を​​行い、講演、コンサルティングなどを多数行っている。(​​高知情報ビジネス専門学校講師、高知新聞社セミナー講師など) 自らネットショップを7年間経営し、ホームページ制作、 受注等バックヤードの対応、システムの効率化、商品撮影、​​商品説明、メールマガジンなど、すべての必要なスキルに精通。 日本有数のアーケード商店街「帯屋町筋」の青年部会長、​​理事を長年勤め、商店街および日本の小売業改革に奮闘。 <現職> 高知県商工労働部eコマースチャレンジ支援事業アドバイザリーメ​​ンバー 中小企業基盤整備機構四国支部地域活性化支援アドバイザー 高知県産業振興センター認定コンサルタント e商人養成塾役員 <主な商店街活動歴> 協同組合帯屋町筋 理事 協同組合帯屋町筋 情報委員会委員長 協同組合帯屋町筋 青年会長 中心街事業協同組合 理事 帯屋町一丁目商店街振興組合 理事 帯屋町一丁目商店街振興組合 青年会長 京町・新京橋商店街振興組合 理事 京町・新京橋商店街振興組合 青年会長 高知市商店街振興組合連合会青年部 副会長 中村市商業協同組合 理事 <主な対外活動歴> 高知県物流拠点設置検討諮問委員会 委員 高知市街路市問題検討委員会 委員 協同組合高知ラッキーシール 理事 高知県青年中央会 副会長 高知青年会議所 高知商工会議所

コメントを残す

Required fields are marked *.


Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD