ネットショップ応援団/アミアンインターナショナル

ネットショップの売り上げアップをとことん支援します。高知県のオンラインショップ専門のコンサルタント

アマゾンAWS

amazon SESはメールマガジン配信の切り札になるのか?

| 0 comments

メールマーケティングの効果に対しては最近は以前ほどの期待ができないものの、プッシュ型メディアとしてネットショップとしては無視できないのも事実である。

こうした中、昨日amazonから画期的な発表があった。

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) (beta)

アマゾンAWS

アマゾンAWS

果たしてamazon SESはメールマガジン配信の切り札になるのだろうか?

amazon SESとは何か

amazon SESは、amazonが展開するクラウドサービス上で大量のメール配信を可能にするものである。

amazon自身が年間10億通以上のメール配信を行なっており、このインフラを利用してサービスを提供する。

そのため安定度、スパム対策などが期待される。

アマゾンの説明によれば、スパム対策のため契約当初の配信速度には制限があるものの、数週間のちには90メール/秒、百万メール/日まで可能になるとのこと。

これだけの配信スピードがあれば、通常のネットショップにおいては十分なスペックと言えるだろう。

メール配信の現状

現在のネットショップにおいては、既存客や見込客に対して定期的にメールマガジンを配信することが大きな販促手段として確立している。

しかし自社保有のメールサーバーから配信することは、サーバーの負荷やスパム判定などの面で大きなマイナスとなり、現実的ではない。

そのため、メール配信ASPを利用するのが普通である。

そしてASPにかかる費用は月間1万円以上と、少なからぬ負担となっている。

こうしたことから、費用を低減させることはネットショップにとって悲願であった。

amazon SESのコスト予測

実際にamazon SESを利用すると、いくら掛かるのだろうか?

10万人に対して20kBのメールマガジンを、月間5回メールマガジンを配信したとして計算してみた。

送信数:50万通 ⇒ $49.8
月間転送データ量:10GB ⇒ 1.5$


合計:$51.3

1$=82円として計算すると、4,207円となる。

これは今までASPに支払ってきた金額の半額以下である。

amazon SESの導入について

ただしAPIを利用して一般のネットショップが利用するのは難しいと思われる。

amazon SESを利用したメール配信システムが開発されてから導入するのが、現実的ではないだろうか。
LINEで送る
Share on GREE
Pocket

Author: amiensjp

ネットショップ応援団。 ​​2007年よりネットショップに特化したコンサルティング事業を​​行い、講演、コンサルティングなどを多数行っている。(​​高知情報ビジネス専門学校講師、高知新聞社セミナー講師など) 自らネットショップを7年間経営し、ホームページ制作、 受注等バックヤードの対応、システムの効率化、商品撮影、​​商品説明、メールマガジンなど、すべての必要なスキルに精通。 日本有数のアーケード商店街「帯屋町筋」の青年部会長、​​理事を長年勤め、商店街および日本の小売業改革に奮闘。 <現職> 高知県商工労働部eコマースチャレンジ支援事業アドバイザリーメ​​ンバー 中小企業基盤整備機構四国支部地域活性化支援アドバイザー 高知県産業振興センター認定コンサルタント e商人養成塾役員 <主な商店街活動歴> 協同組合帯屋町筋 理事 協同組合帯屋町筋 情報委員会委員長 協同組合帯屋町筋 青年会長 中心街事業協同組合 理事 帯屋町一丁目商店街振興組合 理事 帯屋町一丁目商店街振興組合 青年会長 京町・新京橋商店街振興組合 理事 京町・新京橋商店街振興組合 青年会長 高知市商店街振興組合連合会青年部 副会長 中村市商業協同組合 理事 <主な対外活動歴> 高知県物流拠点設置検討諮問委員会 委員 高知市街路市問題検討委員会 委員 協同組合高知ラッキーシール 理事 高知県青年中央会 副会長 高知青年会議所 高知商工会議所

コメントを残す

Required fields are marked *.


Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD